CHANGE(チェンジ)見逃し配信|無料視聴あり1話から最終回まで

現在再放送している木村拓哉総理誕生!!「CHANGE(チェンジ)」

たまたま時間があってみたけど、面白そう!

そんな方におすすめなのが見逃し動画サイト。

なんと2週間無料視聴が出来ちゃいます^^

FODプレミアム

FODプレミアムなら千数放送された番組はもちろん、懐かしのドラマ「101回目のプロポーズ」、「リッチマン、プアウーマン」「ナースのお仕事」などを配信中。

また、東京ラブストーリー2020年版も独占放映中ですので、興味のある方は2週間の無料視聴でご覧ください。

各話あらすじ

予算案を支援する小野田(中村敦夫)グループの切り崩しにかかり、野党の協力を得ても総理の補正予算案は過半数割れにより否決されることが確実となる。衝撃を受ける啓太。しかも全ての黒幕が神林であることを啓太は知ってしまう。理香も全てを知っていたと知り愕然とする啓太。失意の啓太のもとにさらに訃報が襲う。
入院中だった亮介が亡くなったという。啓太は誰にも告げず姿を消すのだった。
 翌朝、啓太の失踪に気づいた韮沢勝利(阿部寛)、宮本ひかる(加藤ローサ)、檀原(大倉孝二)は思い当たるところを探し尽くした上で理香を交え4人で対応に頭を悩ませていた。すると理香の元に啓太の実家から電話がかかる。啓太の母、貴江(富司純子)からだ。福岡の実家に啓太が帰ってきたと言う。
 朝倉総理は家で寝込んでいる、ということにして、理香は早速福岡に飛ぶ。啓太は目の前に理香がいることに驚くのだった。
 理香は啓太に、総理不在のまま小児科医療対策のための予算案は採決されなかったことを報告する。深夜、ニュースを見ていた啓太は、突如、朝までに東京へ帰ると言いだす。車を飛ばし2人は明け方の東京に無事到着する。が、それは2人の別れを意味していた。理香を引き留める言葉をはきかけて飲み込む啓太。辛いながらもそんな啓太の思いを振り切って神林のもとへと戻る理香。理香を失ったまま啓太は前に進まねばならなかった。
 多くの応募者があったものの最終的に啓太は、理香の後任に宮本ひかるを据える。逆風が吹き荒れる中、啓太は再び執務に戻り、ただひたすら「国民のために何をなすべきか」を考え、行動しようとする。
 そんな折、啓太は、神林に会って話しがしたい、と理香に告げる。国会内では誰もが、ついに啓太が神林官房長官を罷免すると信じて疑わなかった。補正予算案不成立後も世論は啓太を支持し、人気はアップする一方。神林を支持するものの中にも自身の身の振り方に慎重になるものが出てくる。
 神林は朝倉総理下ろしのためどのような手を打ってくるのか。そして啓太は何をしようとしているのか。

9話 衝撃!! 総理倒れる
 朝倉啓太(木村拓哉)は神林正一(寺尾聰)に協力してほしいとあらためて伝えたにもにも関わらず、神林は記者を集め朝倉総理より罷免されたと発表する。途端、啓太の人気は急降下、内閣支持率は12%も下がってしまう。まずは官房長官に韮沢勝利(阿部寛)を任命することとなる。
 啓太を中心に対策を練る中、美山理香(深津絵里)は神林が「大堂商事疑惑」とラベルがはられたCD-ROMを手にしていたことを思い出し気が気ではない状態になるが、啓太はその時はその時と落ち着いていた。多忙な毎日を送る啓太の健康状態に問題があると瑠美子先生(堀内敬子)に理香は告げられ心配するのだった。
 そんな中でも啓太はいつも通りの公務を続け、さらには火山噴火の被害を受けたキャベツ農家のため、現地へ向かいキャベツの安全性をアピールする始末。理香の不安はつのるばかりだった。そんな時、恐れていたことがついに起きてしまった。
 週刊誌に、18年前の大堂商事疑惑で特捜部から逃げ切った政治家リスト、なるものが発表される。その中には啓太の父親の名前もある上に、朝倉内閣の閣僚が8人も含まれていた。そもそも神林はこうなることを予想して閣僚を人選していたのだ。
 啓太はもしもこれが事実ならば閣僚には辞任してもらう覚悟を決め当事者たちに話しを直接聞くが、潔白であると全員が主張する。啓太はこの人たちを疑うということは投票した国民を疑うことになるとして閣僚たちの言葉を信じることを言明、さらに閣僚の人選が神林の手によるものでは、という憶測も完全に否定する。急降下していた内閣支持率も踏みとどまり、バッシングはなりを潜める。また、働きかけていた、キャベツ農家への激甚災害指定も下り、復旧を国が支援することとなった。チーム朝倉の勝利と喜ぶ面々。啓太もあらためて理香がそばにいてくれる幸せをかみしめるのだった。
 がそんな喜びもつかの間、朝倉内閣をさらなる衝撃が襲うことになる。
 解決の道は見つかるのか。朝倉内閣は前代未聞の危機に見舞われるのだった。
10話 さようなら、朝倉総理涙のラストメッセージ
 ついに倒れてしまった朝倉啓太(木村拓哉)。
 キャベツ農家の復旧を国が支援することも決まり、チーム朝倉としてさらにさまざまなことに取り組み、国民のために働こうとしていた矢先、啓太は予算委員会中に神林正一(寺尾聰)の質問に答えている途中で倒れてしまった。
 啓太は病床にありながら、内閣改造を断行、大堂商事疑惑で名前のあがった8人の閣僚全員を更迭し、新たな閣僚を任命する。臨時代理の総理についても、啓太はいかにも啓太らしい人選を行い任命する。
 啓太は密かに心の中で辞任を決意していたが、啓太自身の口から発表する前に、神林が啓太から辞任の意向を伝えられたと記者に話してしまう。愕然とする啓太、そしてチーム朝倉の面々。しかし残された時間の中で、チーム朝倉は一丸となって何かをやりとげようと話し合う。そんな折り、久々に長野の小学校の教え子たちが啓太のもとを訪ねる。啓太にやめないでほしいという気持ちを伝えに来たのだった。
 着手しなければいけない問題、早急に手をつけなければならない問題はさまざまある中、啓太はある問題に優先的に取り組むことを決意し、啓太らしく向き合い続けることになる。
 そして啓太と美山理香(深津絵里)の2人の関係にも大きな展開が起きようとしていた。
 最後に啓太は日本の人々に自分の気持ちを伝えようと前代未聞の方法をとることとなる。国民みんなに自分の言葉を伝えるため、啓太がとった行動とは!?
 日本中の注目が啓太に向けられる。